* 口福スケッチ *

おうちごはんから外食・スイーツ・旅行などの、食の備忘録 を綴ります♪

スポンサーサイト

Posted by nitamatti on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマルフィ街歩き 〜ノスタルジックリゾート (1)

Posted by nitamatti on   2 comments

130115-33-2.jpg
アマルフィ@天国の回廊







南イタリア紀行

アマルフィの街を楽しみました。
まずは、街の中心広場にあるドゥオモへ。

130115-30-3.jpg


海運共和国で栄えただけあって、とても立派。
モザイクが素晴らしい!

キリストの12使徒の一人で、
アマルフィの守護聖人である聖アンドレアに献じられたドゥオモ。
夕刻になると黄金に光り輝くので
別名「黄金のドゥオモ」とも呼ばれているんですよ〜

創建はなんと6世紀!(以降、改築アリ)


130115-29.jpg





ドゥオモのファサードに注目。
見事なゴシック様式&フレスコ画。
下にあるのは、12使徒。

130115-30-1.jpg





モザイクタイルの鐘楼。
ビザンチンやイスラム様式などの影響も色濃い。
さすが、海洋王国アマルフィ!
なんか、カッコイイなぁ〜

130115-30-2.jpg






ドゥオモ内部。

130115-30.jpg






ここからは、有料。
天国の回廊へ、いざ行かん。

130115-31-1.jpg






天国の回廊 〜Chiostro del Paradiso 〜

130115-33-2.jpg
130115-33.jpg
130115-33-1.jpg
130115-32.jpg

天国・・・というけれど
13世紀に上流階級者のための墓地として建設されたもの。
回廊のところどころに、
中世当時そのままのフレスコ画も残存していました。







130115-34.jpg
130115-36.jpg
130115-35.jpg

聖堂内部はドゥオモ博物館となってます。
大司教アンドレア・デ・パレアレアの遺体を納めた
大理石の石棺も展示。






アマルフィ街歩きはまだまだ続きます。








インド旅行の備忘録はしばしお休み(笑)
記憶が新しいうちに南イタリアの旅をUPちう。

コメレスつけました!
訪問できてなくてゴメンナサイ(ぺこり)
旅の備忘録がんばってやっつけます!


spicabanner3.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト

Comment

Josh&Kai'sMum says...""
クーーーーーッ
アマルフィってば、ステキすぎるぅ~~~
こんなトコで夏のバカンスを過ごしたいわぁ
↓こぉんなかわいいホテルに長期滞在して・・・・・
あぁ 夢が広がりますぅ
2013.01.24 12:34 | URL | #- [edit]
nitamatti says..."お返事です♪"
○Mumさん
アマルフィで過ごす長期滞在の夏のバカンス・・・(妄想中)
素敵でしょうねぇ〜
夏にいつか「青の洞窟」のリベンジを兼ねて
来られたらいいなぁ〜
2013.01.24 21:21 | URL | #V42ElLDI [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。