* 口福スケッチ *

おうちごはんから外食・スイーツ・旅行などの、食の備忘録 を綴ります♪

スポンサーサイト

Posted by nitamatti on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「豫園」観光のあとは→ 上海で一番古い茶館「湖心亭」へ

Posted by nitamatti on   0 comments

120812-44.jpg
金閣寺っぽい?







上海旅行の備忘録



さて、
「豫園商城」をとくと楽しんだあとは、
本日のメインイベント「豫園(よえん)」観光へ。

1982年に国の重要文化財に指定。

明代に四川のお金持ちのお役人さんが
両親のために造営したという庭園です。
その美しさは、江南庭園屈指のものとして名高いそう。



写真だけ
ざっとどうぞ。

入口。

120812-30.jpg

120812-31.jpg

120812-33.jpg

120812-32.jpg

120812-34.jpg

120812-35.jpg

120812-40.jpg

120812-42.jpg






焼き物を埋め込んである窓?

120812-38.jpg
「花窓」というんだそうです。
植物や鳥など様々なモチーフがあり。
中からのぞくと
お外の風景がまるで一幅の絵のように楽しめるとか。







印象的だったもの。

まわりをぐるっと囲むように
「龍」を壁の上に這わせてあるところ。


これは、お頭。

120812-36.jpg







しっぽも、あった!

120812-37.jpg






お頭同士も発見!

120812-41.jpg



園内にはこういう「龍壁」が5つ?ほどあるそう。
つまり5体の龍がいるということ。


フツー龍の爪は5本あるのですが、
こちらの龍の爪はなぜかどれも4本爪。


昔々、龍は皇帝だけが使えるお印だったため
わざと爪の数を減らして申し開きを出来るように
ちょいと一工夫したんだそうです。


お時間のある方は、
これらの「龍」を全部探して見るのも、楽しいかも!









長ーい廊下。
池を楽しみながら渡れるなんて粋。

120812-39.jpg







美しいチャイナ風モザイク。
亀と古銭のマークが手前に。縁起物!

120812-43.jpg

120812-44.jpg

暑いのと
迷路のよう園内を必死に歩くのとで


すっかり干上がってしまった私達。









ちょっと一休みしようと
上海で一番古い茶館「湖心亭」へ向かいました。

120812-45.jpg

九曲橋の向こうが茶館。

悪魔が入ってこないようにジグザグに曲がった九曲橋。
(悪魔はまっすぐにしかすすめない)
陰陽師か?何かでそういうシーンがあったような。





そんな魔除け橋の向こうは、
     それはもう〜!


       素敵なオアシスでした








つづく。






ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。